雇用形態別で見たメリット・デメリット

仕事・考え方
スポンサーリンク

こんにちわ、たいちです。

フリーター・アルバイト・正社員・派遣社員・契約社員・フリーランス

といった雇用形態があるかと思います。(フリーター・フリーランスは除いて)

正直のところアルバイトで十分だよっ

って声も聞こえてきそうですが、それぞれのメリット・デメリットを紹介していきますね!

スポンサーリンク

それぞれのメリット

まずは【フリーター】から見ていきましょう

文字通り【自由】を示しているので自分の時間を自由に使うことが出来ます。

人は皆平等に24時間といった1日の時間を持っています。

睡眠で6~7時間取ったとしても、あとの時間は使いたい放題となります。

時間をどう有効活用するかによってはかなり大きな可能性を秘めている【フリーター】です。

次に【アルバイト】を見ていきます。

アルバイトは正社員とは違い、働く時間や勤務のシフトを自由に選ぶことが出来ます。

時給○○○円で働く形になるので働けば働くほど稼ぐことが出来ます。

もちろん責任を持たなくてはいけない仕事はその会社の社員さんが責任を持ちますので、気軽に働けるのがアルバイトです。

ですがアルバイトから正社員に昇格する可能性も秘めてます。

では【正社員】を見ていきます。

正社員になると、アルバイトでは学べない世間一般の物事を学ぶことが出来ます。

正社員の場合アルバイトとは違い、月○○万円と固定の給料が入ります。(時と場合によっては残業代が出たりでなかったり)

福利厚生がしっかりしている会社だと手厚いサポートを受けることも可能です。

自信の頑張り次第ではボーナスが増えたり、給与アップにもつながり出世することも出来ます。

ここからはちょっと特殊な【派遣社員】を見ていきます。

まず派遣会社に登録して、希望に合った企業を紹介してもらい働くことが出来ます。

3ヵ月や半年と短期間のスパンで働くことも可能で、自分のやってみたい仕事が出来る企業に勤めることが出来ます。

給与は派遣会社から支払われ、自身の頑張り次第では給与アップも可能です。

福利厚生も派遣会社の福利厚生のサポートを受けることが出来ます。

次に【契約社員】です。

仕事内容は正社員よりも少し軽い感じの内容です。(殆ど同じような感じ)

また1年ごとに契約するのでタイミングを見て辞めることも可能です。

契約なのでその勤め先の会社と契約することが出来ます、なので派遣社員➡契約社員➡正社員といったことも出来ます。

最期に【フリーランス】を紹介します。

フリーターと同じように時間に縛られず好きな時に働くことが出来ます。

給与とかは無く、自身の頑張り次第ではどかんと稼ぐことが可能です。

また自分のやりたい仕事を仕事にすることが出来るので、成長スピードも速いです。

誰かに怒られたりと言ったストレスが無く自分の自由な時間・場所で仕事をすることが可能です。(別のストレスはありますw)

メリットが分かったと思いますが、デメリットもあるのでしっかりチェックしていきましょう。

それぞれのデメリット

【フリーター】はイメージつきやすいと思いますが見ていきましょう。

なんと言っても【フリーランス】とは違って稼ぎ口が無いです。(稼ぎ口がある方・自信の物を売ったりすれば別)

保険など年金もすべて実費になります。

さらにクレジットカードなどカード系の物を作るとき作れないです。

きつい言い方ですが人間的にダメになります、そしてこれからの時代は【フリーター】は徐々に消えていく可能性もあります。

気づいてない方、将来的にほんとに危険です・・・

次に【アルバイト】を見ていきます。

ぶっちゃけ言うと所詮アルバイトなのでこちらも人間的に成長することは難しいでしょう。

働きに来ている感覚なので、金銭の部分など会社を経営していく細かい部分を知ることが出来ないです。

ボーナス・大幅な給与アップはなく、年金なども自身で払わないといけません。

【正社員】を見ていきます。

アルバイトとは違い1日の拘束時間が長いです。

定時で上がれるかと思いきや、仕事が忙しくて0時を超えてしまったなどはよくあります。

時によりますが残業代が出ない所もあります。

企業によっては地方に飛ばされることもあり、その都度賃貸などを借りないといけません。

全責任が伴う仕事をするのでストレスが酷かったり、上司に怒られたりなど精神的にくるところもあります。(いわゆる人間関係)

休みの日でも電話がかかってきたりします。(社長になった場合は当たり前ですが)

【派遣社員】を見ていきましょう。

期間が短かったりするので中途半端な感じになってしまいます。(会社次第では伸ばすことも可能)

【正社員】と【アルバイト】の中間当たりの位置なのでやはり人間的な成長は難しいかもしれません。

あくまでも【派遣】の部類なので働いている会社からもういいですと来たら別の企業を探さなくてはいけません。

【派遣社員】を別の角度で見ると【使い捨ての社員】になります・・・

こう聞くとなんか嫌ですね・・・

次に【契約社員】を見ていきます。

自信の経験・頑張り次第では契約が満了した時点で終わりになります。

長く続けるとなればそれなりの年数が必要となるかもしれないです。

(例えば、その会社に正社員で長く勤めて定年してから契約社員へ移行するみたいな感じです。)

【アルバイト】とは違い残業もやらなくてはいけない場合もあります、【正社員】ほどではないですがやはり時間の拘束があります。

最期に【フリーランス】を見ていきます。

何もかもすべてが自己責任です。はい。

いざ独立!と意気込んでも初めの3か月くらいは稼げないと思ったほうがいいです。

誰かに怒られるという事はあまりないですが(クライアントさんなどとぶつかってしまった場合は別)、金銭的なストレスが強く来ます。

覚悟してないとめっちゃ精神的にやられます・・・

もちろんそこに、保険料・年金・生活費・家賃・水道光熱費など全部来るので甘く見てるといつの間にか手元がないって事にもなる可能性があります。

まとめ

デメリットを見るとやっぱ責任を持ちたくないからアルバイトでいいやとか思うかもしれませんが、全部が全部そういうわけではないと思います。

【正社員】になっても人間的に成長出来てない人は山ほどいますし、どうとらえるかは本当に人それぞれです。

会社対会社なはずなのに個人的な理由であいさつしなかったり無視したりするアホみたいな人間もいっぱいいます。

働き方は個人の自由です、何がダメで何がいいとかはありません。

大事なのは自分は何をしたいのか・何をするために今はこの形態で働いて、など

どんなことでも目的をしっかりもつこと

がすべてを通して共通している事ではないのかなと思います。

働く上でなにか参考になればと思います。

最期まで閲覧ありがとうございました。