辛すぎる花粉症を和らげる裏技があった!薬に頼らない方法とは?

花粉症
スポンサーリンク

花粉にも種類はありますが、代表的なスギ花粉のピークって2~3月頃だそうです。

春のイメージが強いので対策が遅れてしまう事も多いかと思います。

薬に頼る方も多いかと思いますが、薬ばかりに頼っているとそのうち薬の効果も効かなくなってきてより強い薬を飲まなくてはいけないという事になりかねません。

そうなる前に、ある食べ物を食べると花粉症を緩和することが出来るそうなので

しっかりチェックして辛い花粉症を乗り切りましょう!

この記事書いてるだけでくしゃみがでそうですw

スポンサーリンク

花粉症が起きるメカニズムを簡単に説明します

花粉症が発症するメカニズムとして

スギやヒノキなどの花粉が原因で起こるアレルギー性の病気になります。

段階を踏んでいくとこんな感じです。

目や鼻から花粉が侵入
リンパ球が花粉を侵入者(敵)と認識しIge抗体というものを作ります。
Ige抗体が肥満細胞とくっつきヒスタミンが分泌されます。
ヒスタミンが分泌されると花粉を出来るだけ体外に放り出そうとします。

その結果くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・目の充血・涙目といった症状を引き起こします。

花粉症はヒスタミンが影響してアレルギー反応を起こしているので、このヒスタミンを少なくしてあげれば緩和することが出来ます。

ただ、ヒスタミン対策することは可能なのでどんな食べ物がいいのか見ていきましょう。

【対策1】脂質が多い魚を食べる

主に脂質が多いとされるマグロ・サーモン・サバ・いわし・ますなどを周に2回ほど食べ、オメガ3脂肪酸の摂取量を増やすといいそうです。

上記の魚の脂肪を摂取することによって、花粉症のリスクを軽減させるといった研究結果も出ているそうですうよ!

魚が苦手な方でもオメガ3脂肪酸を摂りたい方の場合はオメガ3脂肪酸が入っているサプリメントをオススメします。

ちなみにオメガ3脂肪酸はクルミにも含まれているのでクルミが好きな方は食べるのもありです!

【対策2】野菜を摂る、中でもピーマンと玉ねぎ

ピーマンと玉ねぎを食べることにより、植物由来の物質ケルセチンという成分を摂取することが出来ます。

このセルセチンはアレルギー反応を引き起こすヒスタミンの反応を緩和することが出来るので、積極的に食べれる時は食べたほうがいいと思います!

【対策3】美味しいのに対策も出来るベリー系

いちご・ブルーベリー・ラズベリーなどベリー系なら何でもOKです。

いちごはビタミンCが豊富で、このビタミンCは体内のヒスタミンを許容水準に保ってくれる成分でもあります。

アレルギー反応が出ている時というのはこのヒスタミンが多く分泌されている状態なので水準にまで下げてくれるというのはアレルギー反応を緩和してくれることにもつながります。

美味しく対策出来るのは嬉しいですね!

他のベリー系にも玉ねぎとピーマンで紹介したケセルチンを含んでいるので花粉症の症状を緩和してくれます。

【対策4】キウイを食べる

キウイにはビタミンCが豊富に含まれているので、食べることによって対策が出来ちゃいます。

ただキウイは好き嫌いが分かれるフルーツだと思うので、苦手な方はオレンジなどビタミンCが多い柑橘系フルーツを食べるといいと思います!

【対策5】ヨーグルトまたはケフィアを食べる

ヨーグルト・ケフィアは腸内に存在する細菌(腸内フローラ)のバランスを整えてくれます。

この腸内フローラのバランスを整えることで免疫反応を緩和することが出来るそうです。

出来れば生きた乳酸菌を摂取するようにしましょう!

飲むヨーグルトなど食べる以外でも生きた乳酸菌を摂ることが出来るので、外出先でも気軽に摂取できるのがいいですね!

ヨーグルトが苦手な方はキムチでも大丈夫です。

まとめ

花粉症の症状を緩和させるポイントとして

ビタミンCを摂る・オメガ3脂肪酸を摂る・乳酸菌を摂る

しかしアレルギー反応とは言えど花粉を体外に出そうとしている働きなので、やたらめったら止めていいものという訳ではありません。

ですが、辛いものは辛いので

早め早めの対策で辛い花粉症を乗り切りましょう!