誰でもできる花粉対策!辛い花粉症を乗り切ろう!

花粉症
スポンサーリンク

4月末くらいまで飛び続ける厄介な花粉・・・

花粉症の人たちにとっては地獄そのものです・・・

花粉防護服みたいなのを着て外歩くわけにもいかないですしwそもそもあるのか

完璧に対策出来るかと言ったら出来ませんが、ある程度のレベルなら誰でも対策可能なので知っておくと役に立つかもしれません!

スポンサーリンク

マスクを効果的に使う!

普段マスクをつける時はどんなつけ方をしていますか?

マスクって結構重要で花粉対策用マスクをつけるだけで70%~80%以上花粉をカット出来るそうです!

ぼくもびっくりですがそんなに威力を発揮するとは思いませんでしたw

ですが、つけ方しだいで効果が弱まってしまうため自分の顔に合ったサイズのマスクを選びましょう!

マスクの効果が弱まるつけ方として

・鼻が隠れていないつけ方

・アゴが隠れていないつけ方

・アゴにひっかけている(もはやマスクの意味)

・ほほに隙間があるつけ方

上記で共通している部分は隙間があるってところですね。

花粉対策用マスクが無いって時は手作り濡れマスクを作るといいです!

作り方も簡単で、

マスクを2枚用意し1枚目のマスクと2枚目のマスクの間にウェットティッシュを挟んでつけます。

ウェットティッシュが乾いてしまうと花粉をキャッチする能力が落ちてしまうため、乾いてしまった場合は新しいウェットティッシュに取り換えましょう。

これだけでもかなり変わってくるのでおすすめです!

ちなみに、風邪をひいた時もマスクを2枚つけることによって飛沫感染をかなり減らすことが出来ます。

衣類にも花粉はつくので注意が必要

意外と見落としがちですが、花粉は静電気で引き寄せられます。

2~4月は空気が乾燥していて線電気が発生しやすい時期でもあります。

知らないうちに自分の静電気で花粉症を発症したりする場合もあるので衣類も侮れないです。

対策としては柔軟剤で花粉がつくのを予防することが出来ます。

なので洗濯する時は柔軟剤を使って洗うようにしましょう(普通は使ってると思います。)

衣類の種類によっても花粉がつきにくかったりつきやすかったりするので注意です。

綿やポリエステル系の洋服ですと表面がツルツルしているので花粉がつきにくいですが、ウール・アクリル素材の衣類は毛が長くさらに静電気も起きやすいので花粉がつきやすいです。

なお、家に入る前に玄関前などでコートなどの上着をバサッバサッってすると花粉が落ちるので部屋の中で花粉が充満する事を防ぐことが出来ます。

室内の花粉対策として

いい天気だと網戸にして窓全開にして部屋の空気を入れ替えたりしますよね

でも流石に窓全開だと花粉は入ってきやすいのでやめましょう。

部屋の空気を入れ替えたい時は窓を10cmくらい開けておくだけでもいいそうです!

網戸+レースカーテンがあるとさらに花粉を約50%カットしてくれるので花粉対策になります。

窓際に空気清浄機を置いておくのもいいですね、空気清浄機は性能にもよりますが実は範囲が狭かったりしますので置く場所を間違えないようにしてください。

室内で気を付けないといけない場所があります。

それは・・・トイレです。

トイレでは衣類を上下に動かしますよね、

すると衣類についていた花粉が下に落ちてトイレマットに付着します。

そして次に入った時、そのトイレマットについた花粉が空中に舞い上がります・・・繰り返し

確かにって思いますね、意外と見逃している部屋かもしれません。

なのでトイレマットは出来るだけ洗濯するようにしましょう!

女性はあれでも対策出来る!?

あれってなんぞ?と思うかもしれませんが、

そう

メイクです!

すっぴんの状態ですとお肌に付着してしまいますが、パウダーファンデーション・フェイスパウダーなどで顔を覆うことで、さらっとなり花粉が付着しにくくなります。

これは意外でしたね。

確かに肌がべたついたりしていると花粉はつきやすいですが、さらっとしていればつきにくいですもんね!

だからといってつけすぎには気を付けて下さい。

肌の油分を吸収してお肌が荒れてしまう可能性があるので程々に。

まとめ

花粉対策として

マスクを着用する!(自分に合ったサイズ!これ重要)

柔軟剤を使って上手に花粉対策。

窓を開けるときは10cmくらい開けて、網戸とレースカーテンで花粉カット。

トイレマットはこまめに洗濯する。

女性はメイクでも花粉対策可能。

ですね!

静電気を作らないようにすることもポイントになります。

誰でも簡単に花粉対策が出来るので、マスクなどを上手に使って辛い花粉症を乗り切りましょう!

メガカユイ