季節ごとでまとめた花粉の種類と症状!早いうちから対策を

花粉症
スポンサーリンク

春と秋だけだと思いきや

花粉って実はほぼ一年中飛散しているのはご存知でしたか?

花粉症というと皆さんが知っているもので代表的なものが

スギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉

辺りだと思います。

ですが上記を含め一年中を通して7種類の花粉が日本各地で飛んでいるのです・・・

花粉症な人からするとヒェェェェとなりがちですが、対策することは可能なのでしっかりとチェックしていきましょう。

季節ごとでみた花粉の種類

代表的な季節として

ですね。

春に飛散する花粉は【スギ花粉】【ヒノキ花粉】になります。

【スギ花粉】が多く【ヒノキ花粉】のイメージは少ないですが、実はヒノキ花粉も飛散しています。

初夏

初夏に飛散する花粉は【シラカンバ】【イネ】です。

【シラカンバ】は聞いたことがないかもしれません、というのも北海道での花粉症の主な原因がこのシラカンバだそうです。

【イネ】は秋のイメージが強いですが初夏に飛散する花粉になります。

秋に飛散する花粉は【ブタクサ】【ヨモギ】【カナムグラ】になります。

ブタクサの花粉は強烈で鼻・目以外の症状で喘息の原因にもなっている花粉です。

ぼくもそうですが秋ごろに呼吸が苦しくなるという方はもしかしたらブタクサの花粉が原因かもしれませんね。

【カナムグラ】は聞きなれない人の方が多いかと思いますが、意外と道路など身近な所に生えてたりします。

冬に飛散する花粉は【スギ花粉】です。

春だけかと思ったら実は冬も飛散している厄介な花粉です。スギィィィィィィ

次に花粉ごとの症状を見ていきましょう!

皆お世話になっているスギ花粉!

スギ花粉の飛散の時期は2~4月で飛散量がとてつもない量です。

山に行く方は見たことあるかと思いますが、たまに山に生えてるスギの気から黄色いモヤみたいなのが見えるはずです、それスギ花粉です・・・目に見える量の花粉なのでとてつもない量が飛散している事が分かります。

日本で最も多いとされる花粉で飛散距離も長く、ほぼ日本各地(北海道と沖縄は除く)で発症している厄介者です。

症状は鼻アレルギーや目のかゆみ・のどの痛み・皮膚のかゆみなどの症状がみられます。

スギ花粉の次に多いヒノキ花粉

ヒノキの木材はいい香りなんですけどね、花粉はダメ・・・

ヒノキ花粉はスギ花粉より少し後に出てきます。3~5月辺りですね。

スギと同じく飛散距離が長く広範囲で発症するのも特徴的です。

さらにスギの花粉症とヒノキの花粉症2つの花粉症を持っている方も中にはいます。

2つの場合は症状が重症化するのでかなりの対策をしたほうがいいと思います!

症状はスギ花粉と同じです。

北海道限定!シラカンバ花粉

ぼくは関東エリアに住んでいますが、初めてきいた花粉です。

飛散時期は4~6月

主に北海道での花粉症の主な原因とされていて、徐々にこのシラカンバ花粉症を発症する人も出てきているそうです。

症状として鼻水・目のかゆみ・くしゃみ・りんごを食べると口の中がかゆくなる【口腔アレルギー】を引き起こすそうです。

なので初めて北海道へ行く方は注意してください。

稲刈り時に飛散するイネ花粉

イネ花粉の飛散時期は5~6月です。

飛散距離は100mとスギ花粉やヒノキ花粉に比べたら短いですが、稲刈りの時に稲についた花粉が飛び散る可能性もあるので注意が必要になる花粉です。

症状は鼻や目に現れる他、小麦の食物アレルギーも発症しやすくなると言われています。

まさか、イネ花粉で小麦類のアレルギーを発症するとは思いませんでした・・・

酷くなると喘息をも発症するブタクサ花粉

ぼくは多分これです。秋ごろになると毎回呼吸困難になるくらい酷いです・・・

ブタクサ花粉の飛散時期は8~10月になります。

スギ・ヒノキ花粉の次に多いとされる花粉で背が低い草花で飛散距離も短いですが、朝など風が強い時は集中して飛散するためブタクサ花粉の空爆を受けてしまう可能性もあります。

特に朝のジョギングやウォーキングをしている人は注意です。

症状は鼻や目の症状以外に喘息を引き起こす厄介な花粉です。

このブタクサ花粉に苦しめられている方はけっこう多いのではないのでしょうか。

色んな所で目にするヨモギ花粉

ヨモギ花粉の飛散時期は8~10月です。

繁殖力が強く雑草が生い茂る河川敷や空き地に多く生えています。

なので近くを散歩する時は注意しながら散歩してください。

症状として鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどが発症します。

意外と知られていないカナムグラ花粉

カナムグラ花粉の飛散時期は8~10月です。

飛散距離は数十メートルとかなり短いですが、道路に生えていたりするので知らないで近寄ると痛い目にあう花粉です。

症状として鼻や目に症状が出る他にメロン・スイカなどで口腔アレルギーを引き起こすことがあります。

メロンやスイカを食べて口の中がかゆい!となったらこのカナムグラ花粉を疑ってみるといいかもしれません。

まとめ

調べてみると意外と知らない花粉が多かったことに気づきました。

お薬に頼ってもいいと思いますが、頼りすぎると効き目も悪くなってくるのでなるべくお薬は飲みたくないですよね。

さらに恐ろしいのは花粉で食物アレルギーが発症したり口腔アレルギーが発症したりと命にかかわってくるレベルのアレルギーなのでくれぐれも油断はしないでください。

常日頃から外出する時はマスク、帰宅したらうがいなどをすると予防につながると思います。

辛い花粉に負けないように今からでも対策して快適に過ごせるようにしましょう。