平成ライダーを年代別で見てみた!【クウガ~ジオウ】まで①

仮面ライダー
スポンサーリンク

平成も残り数日となりましたね・・・

小さい子供の頃の憧れといったらずばりこれ!

【仮面ライダー】

ぼくも小さいころはよく見てましたよ、えぇ

小さいころはあの変身ポーズをマネしてみたり、戦いごっこをしてみたり

平成の20代なら誰もがやったのではないでしょうかw

そんな平成の歴代【仮面ライダー】と聞くともう懐かしくてテンション上がっちゃいますよねw

今は懐かしい平成初期の【仮面ライダー】から現在の【仮面ライダー】まで総勢19作品とめちゃめちゃ多いです。

こんな仮面ライダーが居たんだ!と少しでも興味をもって頂けたらと思います。

それでは平成を彩った歴代【仮面ライダー】を見ていきましょう!

多いのでサラッとまとめます。

スポンサーリンク

平成ライダーと言ったらこれでしょ【仮面ライダークウガ】

平成12年(2000年)~平成13年(2001年)に放送された仮面ライダーで

1999の技を持つ冒険家の主人公【五代雄介】が古代遺跡から発掘された変身ベルトを身にまとって、その時古代から蘇ったグロンギという古代種族に立ち向かう。自己犠牲をもろともせず警察と共に戦っていくストーリーです。

昭和の仮面ライダーから引き継いでいる設定部分もさながら、平成ライダーの中でも群を抜いている演出であったりかなり細かい部分までストーリーが作りこまれているという事もあり、仮面ライダーファンの間ではクウガこそ至高の平成ライダーと評価されるほどの作品です。

【仮面ライダークウガ】のキャスト

オダギリジョー・村田和美・葛山慎吾・七森美江・水原詩生・葵若菜・水島かおり・松山鷹志・きたろう・田中恵理・竹島由夏・井上高志・浦井健治

【オープニング曲】

【仮面ライダークウガ!】歌 田中晶之

超変身! 仮面ライダ~クウガ~!

【エンディング曲】

【青空になる】歌 橋本仁

平成の第1作品目となった仮面ライダークウガは今でも人気の高い仮面ライダーです。

~目覚めろ、その魂。~【仮面ライダーアギト】

平成13年(2001年)~平成14年(2004年)に放送された仮面ライダーです。

クウガの時系列から2年の時が流れたある日、沖縄県の与那国島に人知を超えた謎の物体オーパーツが流れ着いた。同時に各地で人間には不可能な猟師的連続殺人事件が発生、その事件の犯人を【アンノウン】と命名しこの【アンノウン】に立ち向かうべくSAUL(未確認生命物体対策班)に所属している主人公 津上翔一を含む3人の壮大な物語となっています。

ちなみに主人公 津上翔一はすでにアギトになることが出来、オルタリングの力で変身することが出来ます。

【仮面ライダーのキャスト】

友井雄亮・賀集利樹・秋山莉奈・要潤・藤田瞳子・山崎潤・升毅・小川敦史・菊池隆則・柴田明良・小谷嘉一・羽尾明・田口主将・梁田清之・諏訪太郎・中根徹

【オープニング曲】

【仮面ライダーAGITO】歌 石原慎一

仮面ライダーで初めてカードを使って戦うスタイル【仮面ライダー龍騎】

平成14年(2002年)~平成15年(2003年)に放送された作品になります。

実は平成の仮面ライダーシリーズで初めて【仮面ライダー】の言葉が使われた作品でもあります。

【仮面ライダー龍騎】では前作とは違い【13人の仮面ライダーが自らの望みを叶えるために最後の1人になるまで戦い続ける】という人間同士の競争が描かれています。

ライダー同士で戦ったりカードを使用して戦ったりする今までとは違う仮面ライダーです。

そのため悪側の人間も【仮面ライダー】となのったりしますw

【仮面ライダー龍騎】のキャスト

須賀貴匡・松田悟志・荻野崇・小田井涼平・藤沢あやの・津田寛治・弓削智久・久遠さやか・栗原瞳・菊池謙三郎・角替和枝・森下千里・高野八誠・高槻純・神保悟志・坂口拓・小林正寛・梅野泰靖

【オープニング曲】

【Alive A life】歌 松本梨香

携帯電話を使って変身!?【仮面ライダー555(ファイズ)】

平成15年(2003年)~平成16年(2004年)に放送された作品です。

今まで描かれることが少なかった怪人側に本格的にスポットが当てられ、怪人【オルフェノク】と変わってしまった者たちの苦悩などが描かれています。

外付けでありながら自由に携帯可能な変身ベルトを使い変身する設定がこの【仮面ライダー555】から始まったといってもいいと思います。

【仮面ライダー555】ではアイテムの争奪戦が主となっていて、主人公はベルトで【3本のベルトの物語】とも言われている作品です。

【仮面ライダー555】のキャスト

半田健人・泉政行・村上幸平・芳賀優里亜・唐橋充・我謝レイラニ・溝呂木賢・栗原瞳・村井克行・綾野剛・原田篤・山崎潤・藤田玲・和香・河西りえ・中康次

【オープニング曲】

【Justiφ’s】歌 ISSA(DA PUMP)

トランプを使って戦う【仮面ライダー剣(ブレイド)】

平成16年(2004年)~平成17年(2005年)に放送された作品です。

現代に蘇った不死生物【アンデット】との戦いを描いた作品で、人を襲う怪人をライダーが倒すといったシンプルな構成ですがトランプがモチーフになっている仮面ライダーです。

敵が不死身なので倒すのではなく封印してその力を得るという新しい発想で、【仮面ライダー龍騎】同様にカードを用いて戦います。

【仮面ライダーブレイド】のキャスト

椿隆之・森本亮治・天野浩成・北条隆博・竹財輝之助・江川有未・梶原ひかり・山口香緒里・山路和・宮澤亜里沙・肘井美佳・春田純一・栗田麗・森次晃嗣・小杉十郎太

【オープニング曲】

【Round ZERO~BLADE BRAVE】歌 相川七瀬

【ELEMENTS】歌 RIDER CHIPS

仮面ライダーで初の和風テイスト【仮面ライダー響鬼】

平成17年(2005年)~平成18年(2006年)に放送された作品で

日本の伝統的な【和】をベースにした世界で、仮面ライダーではなく鬼と呼ばれる戦士たちが楽器をモチーフにした武器で怪物たちと戦っていきます。

響鬼は相手の体に太鼓を埋め込みドンドコドンドコ叩いて攻撃します。タイコノタツジンカ!

【仮面ライダー響鬼】はベルトではなく【変身音叉】と呼ばれるものを用いて変身します。

名前にライダーと表記されているにも関わらず肝心なバイクは持っておらず・・・サポオートメンバーが運転する車に乗って移動します。

【仮面ライダー響鬼】のキャスト

細川茂樹・秋山依里・栩原楽人・神戸みゆき・渋江譲二・森絵梨佳・川口慎吾・蒲生麻由・松田賢二・下条アトム・梅宮万紗子・芦名星・中村優一・村田充・水木薫・片岡礼子

【オープニング曲】

【輝(かがやき)】【始まりの君へ】歌 布施明

【エンディング曲】

【少年よ】歌 布施明

仮面ライダーが誕生してから35周年記念作品の【仮面ライダーカブト】

平成18年(2006年)~平成19年(2007年)に放送された35周年記念となる作品です。

以前の鬼から昆虫へと戻り、仮面ライダー特有の【変身】という掛け声も復活しました!

バイクも復活し、ザ・ヒーローという事を思い出させてくれる要素が盛りだくさんです。

【仮面ライダーカブト】の見どころは何と言っても【クロックアップ】と呼ばれるライダーの超高速移動です。

【龍騎・555・ブレイド】でも使われてきましたが、この作品では必殺技扱いになっています。

ですが今回の【仮面ライダーカブト】では敵味方が不可視かつ高速で動くので【常人には入り込めない世界】を作り出す点に主眼が置かれています。

ハイスピードバトルは必見ですよ!

【仮面ライダーカブト】のキャスト

水嶋ヒロ・里中唯・佐藤祐基・山本裕典・永田杏奈・徳山秀典・加藤和樹・山口祥行・内山眞人・奥村夏未・手嶋ゆか・神崎愛瑠・梅野泰靖・鳴海剛・坂口拓

【オープニング曲】

【NEXT LEVEL】歌 YU-KI(TRF)

まとめ

19作品とかなり膨大な数の作品があるので今回はここまでとさせていただきます。

続きは【仮面ライダー電王】から書いていこうと思うのでよかったら見てください!