仮面ライダークウガのグローイングフォームを調べてみた!

仮面ライダー
スポンサーリンク

こんにちわ!たいちです。

クウガと言ったら豊富なフォームが印象深いですよね。

いっちばん最初に登場したフォームって赤のマイティフォームじゃなくて白のグローイングフォームなのは知っていますでしょうか。

中々知られていないかもしれないグローイングフォームですが、そんなグローイングフォームを調べつくしちゃおうと思います!

スポンサーリンク

グローイングフォームとは

主人公「五代雄介」がアークル(変身ベルト)を取り込み初めて仮面ライダークウガに変身した姿で、このフォームはまだ不完全なフォームとなっています。フォームの中では最弱

初めての敵「ズ・グムン・バ」との戦いでは身体から徐々に変身していくという形での初登場だったので、あれ?と思った方も多いはず。

ちなみにのちに出てくるクウガ本来の姿「マイティフォーム」に慣れなった要因として

・五代雄介がまだ「戦う」覚悟が出来ていなかった

・体力や精神が著しく低下している時に強制的に変身

・各フォームの変身時間超過やダメージ超過

などがあります。

でも「グローイングフォーム」は意外と作中で登場するフォームでもあったりします。

そして各フォームとはいいつつ実際は「ペガサスフォーム」の強制変身解除しか描かれていません。

グローイングフォームの外見

皆が知っているクウガの「マイティフォーム」の赤い装甲の部分が白くなり頭の角が短くなっているのが特徴的です。

でもなんか愛らしい姿でもあり、人気があるフォームです。

さらに複眼とアークル(変身ベルト)の中央に備わっているモーフィングクリスタルは赤みがかったオレンジとなっています。

モチーフは「クワガタの幼虫」と言われていて、「幼虫フォーム」や「白クウガ」とも呼ばれることも

グローイングフォームの性能

性能的には「マイティフォーム」の半分の力しか出すことが出来ず、「グロンギ」と戦う場合は力不足となってしまいます。

しかし「グローイングフォーム」の身体能力は常人を遥かに上回っていて、バスを片手で押して動かすことが出来るパワーは兼ね備えています。

基本スペックは

・身長 190cm

・体重 90㎏

・パンチ力 約1t

・キック力 通常10t

・走力 100mを7.2秒

・ジャンプ力 約10m

普通に常人を超えてます、はぃw

ちなみにプロのキックボクサーでキック力「1200kg」です。

比べるとその凄さが分かるかと思います!

グローイングフォームの必殺技

その名もグローイングキック!!

サッカーでありそうなシュート技ですが、ちゃんとした技です。

「マイティフォーム」のマイティキックの未完成版で、空中に高く飛び封印エネルギーを右足に溜めて相手に打ち込みます。

パワーが低いせいか封印エネルギーを十分に足に溜めることができず、不十分な形の封印しかできません。

ですが連続でグローイングキックを打ち込むことで敵を倒すことも可能で、実際に作中では「メ・ギノガ・デ」に対して3回連続で打ち込み倒しています。

3回も連続で打ったらかなりのパワーを使用することになるので変身が解けちゃいそうですが・・・そこはヒーローなので悪しからず。

まとめ

角が小さく見た目は可愛いですが、一生懸命に敵と戦う姿は「かっこいい」の一言です!

1発で仕留めることが出来ない敵に連続でグローイングキックを打ち込むなど、粘り強い所も人気の一つなのかなと思いました。

このように粘り強い大人になりたいと思った方はいるんじゃないでしょうか。

それでは終わりにしたいと思います。

最後まで閲覧ありがとうございました。