夏が旬のフルーツを紹介!みずみずしいだけじゃなく栄養補給にもいいってホント?

フルーツ
Couleur / Pixabay
スポンサーリンク

silviarita / Pixabay

春夏秋冬と様々なフルーツがありますが、今回は夏が旬のフルーツを紹介していきます。みずみずしく冷やしたり凍らせて食べたりすると絶品です。様々な種類があるので夏の時期に食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

夏が旬のフルーツ

Couleur / Pixabay

暑い夏に欠かせないのがジューシーでみずみずしいフルーツです。夏のフルーツはビタミンが豊富で紫外線が強くなる夏の時期にはまさにピッタリなフルーツとなります。それでは夏が旬のフルーツを紹介していきます。

夏と言ったらこれ!「スイカ」

pasja1000 / Pixabay

7月が旬のスイカですが、含水量が多く夏場の水分補給にもってこいです。特にキンキンに冷やしてかぶりつくスイカはシャリっとしていて夏の疲れを吹き飛ばしてくれます。利尿作用があるので食べすぎには注意してください。ビールと一緒に食べると脱水症状になる可能性があるのでやめましょう。別名「ウォーターメロン」とも呼ばれます。

ドリンクが美味しい「アセロラ」

Altamiro / Pixabay

実を食べることはあまりないですが、アセロラドリンクとして飲むことが多いアセロラはビタミンCが豊富なフルーツです。ドリンクの他にジャムやゼリーに使用されることもあります。夏場はビタミンCの補給が必要になってくるので食べておきたいフルーツです。アセロラの旬の時期は5~8月頃になります。

甘酸っぱいフルーツ「杏」

RitaE / Pixabay

生で食べると酸味が強いためジャムや洋菓子として使用されることが多いフルーツです。杏ジャムはさっぱりとしていてパンなどに塗って食べると病みつきになります。杏はビタミンAが豊富なので老化防止などに期待できます。杏の旬の時期は6~7月頃です。

つぶつぶした触感が楽しい「イチジク」

stevepb / Pixabay

生で食べたときのつぶつぶした触感が楽しいイチジク、冷やして食べると尚更美味しく感じます。イチジクには豊富なカリウムを含んでいるので血圧を下げてくれたりします。食べすぎには注意です。旬の時期は8~10月頃になります。

甘酸っぱくて美味しい「サクランボ」

RitaE / Pixabay

サクランボの旬な時期は6~7月で、その真っ赤な実は甘酸っぱくてみずみずしく食べたら止まらなくなるほど美味しく、ジャムなどにも使用されることもあります。サクランボはビタミンCが豊富かと思いきやカリウムが豊富なフルーツでもあります。種飛ばしや茎の部分を口の中で縛る遊びなどもあります。

すっきりした味わいが楽しめる「グアバ」

Indianistic / Pixabay

グアバの旬は8~10月頃です。実の部分は食べることが出来ますが種が多く食べにくいですが、裏ごしなどをすれば食べることが出来るフルーツです。主にジュースやゼリーなどに使用されることが多くさっぱりとした後味は夏にぴったりです。グアバにはビタミンCが豊富なので夏場に摂りたいフルーツです。

その他にもビタミンCが豊富な春のフルーツが知りたい方はこちらからどうぞ。

春が旬のフルーツってこれだけなの!?でもサラダ料理にすると相性抜群
沢山のお花たちが開花する色鮮やかな春、フルーツの旬も迎えると思いきや意外と少ないのはご存知ですか?今回はそんな春が旬のフルーツを紹介していきます。春が旬のフルーツ新しい生活がスタートしたり色鮮やかなお花が咲き乱れたりと綺麗な景色が...

日本の食卓には欠かせない「梅」

tk1 / Pixabay

梅の旬は5~6月頃で、生梅として店頭に並ぶことが多い梅ですが、梅干し・カリカリ梅・梅酒などに加工されることが多いフルーツです。熟した梅にはクエン酸やリンゴ酸が豊富が含んでいます。見てるだけでよだれが出てきそうですね。

甘酸っぱくてジューシーな「スモモ」

mbc-2016 / Pixabay

スモモの旬は6~9月頃となります。甘酸っぱくてジューシーなスモモは冷やして食べると最高に美味しいフルーツで、生食の他にもコンポートやドライフルーツとして使用されます。ちなみに英語で「プラム」フランス語で「プルーン」と表記されます。スモモには女性に嬉しい葉酸を豊富に含んでいます。

食べ出したら止まらない「梨」

Nadine_Zarya / Pixabay

梨の旬は7~10月頃で、ジューシーでみずみずしい実は美味しいの一言です。夏場はキンキンに冷やして食べたら最高に美味しいフルーツです。水分が非常に多いので夏場の水分補給にも向いていて実には食物繊維がたっぷり含まれています。

爽やかな味わい「パイナップル」

Security / Pixabay

パイナップルは一年を通して収穫されますが、沖縄産の場合5~8月が旬となります。甘酸っぱい実は夏場にぴったりで冷凍してシャーベットにしたりジュースにしたりと様々な食べ方があります。パイナップルにはマンガンとビタミンB1が豊富に含まれています。

爽やかで濃厚な香り「パッションフルーツ」

MissSuki / Pixabay

パッションフルーツは7~8月頃・10~12月頃が旬なフルーツで、ゼリー状の果実・果汁が特徴的なフルーツになります。すくって食べたりジュースにして飲んだりと色々な楽しみ方ができ中の種は飲み込んだり噛んで食べることも可能です。ベータカロテンが豊富に含まれています。

派手な見た目が特徴的「ドラゴンフルーツ」

GoPlaces / Pixabay

ドラゴンフルーツの旬は6~11月頃で、ドラゴンの鱗のような見た目からドラゴンフルーツと呼ばれていて、実は柔らかくサクサクした食感でキウイに似た味がします。果肉は白・赤とあり鮮やかなのも特徴的です。ドラゴンフルーツはカリウムを豊富に含んでいます。

夏が来たと感じさせてくれる「ビワ」

gi8mail / Pixabay

ビワは5~6月頃が旬で、ビワが出てきたら夏が来たと感じさせてくれるフルーツです。皮は手で剥くことが可能で柔らかな果肉は一口食べると口の中に上品な香りと甘味が広がっていきます。ゼリーなどに使用されることがあります。ビワにはビタミンAとなるベータカロテンを豊富に含んでいます。

冷やしても凍らせても美味しい「ブドウ」

Free-Photos / Pixabay

ブドウは6~10頃が旬のフルーツで甘い果肉はついつい沢山食べてしまうほど美味しいです。冷やして食べたり凍らせて食べれば夏の暑い時期には抜群に相性がいいです。ブドウにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれています。

小さい実の中には爽やかな甘酸っぱさ「ブルーベリー」

Comfreak / Pixabay

ブルーベリーは6~8月頃が旬で、生で食べてもいいですがジャムやケーキに使われることが多いフルーツです。小さいのでつい摘まんで食べちゃいますが食べすぎには注意です。ブルーベリーにはビタミンEが豊富に含まれています。

洋菓子に相性抜群「ベリー系」

「ラズベリー6~10月頃」「ブラックベリー7~8月頃」「カシス7月中旬~8月上旬頃」「ハスカップ6~7月頃」などベリーごとで旬が変わってきます。洋菓子に使われることが多く冷凍されたものがよく出回っていて甘酸っぱく爽やかな味わいが特徴的です。ラズベリーにはカリウムや葉酸が豊富に含まれています。

とろける甘い果肉が誘惑する「マンゴー」

liwanchun / Pixabay

マンゴーの旬は4~8月頃となっていて、完熟したマンゴーは甘くとろりとしていて果汁もたっぷり。一度食べたらとろけてしまうほど美味しいフルーツです。常温で涼しい所に置いておくと段々と熟していくので熟したときに食べるのがおすすめです。マンゴーにはビタミンAとなるベータカロテンが豊富に含まれています。

フルーツの女王とも呼ばれる「マンゴスチン」

4537668 / Pixabay

マンゴスチンは5~9月頃が旬ですが、店頭ではあまり見かけないフルーツです。世界三大美果として知られていて白い果肉は程よい甘味と酸味がありジューシーな味わいが特徴的なフルーツです。マンゴスチンにはビタミンB1とマンガンが含まれています。

ジューシーな果肉が癖になる「メロン」

stux / Pixabay

メロンは4~9月頃が旬で、上品な甘みとジューシーな果肉が特徴的なフルーツですが実は野菜として登録されているそうです。洋菓子や生ハムで巻いたりと幅広い使い方があります。メロンにはカリウムが含まれていますが果実の中でも特に多いとされています。今回はフルーツとして紹介しました。

さっぱりとした甘みとジューシーな果肉「桃」

mongsang2014 / Pixabay

桃は7~9月頃が旬で、ジューシーで滑らかな食感の桃は世界でも評価されるほど。さっぱりとした甘みなので洋菓子やゼリーなどに相性がピッタリで冷やして生で食べても病みつきになる美味しさです。桃には食物繊維が豊富に含まれています。

赤い皮に白い果肉が特徴的な「ライチ」

gefrorene_wand / Pixabay

ライチは6~7月頃が旬で、プリっとした果肉をしていて食べると爽やかな味わいが特徴です。皮は少し硬いですが剥いて冷凍して食べるとシャリっとして夏にぴったりです。中に大きい種があるので食べないようにしてください。ライチには葉酸が豊富に含まれています。

濃厚な甘みが特徴「プルーン」

larsoncoach / Pixabay

プルーンは8~10月頃が旬です。一般にプルーンは西洋スモモと呼ばれていて生で食べることが出来る品種やドライフルーツにして食べる品種などがあります。果肉はみずみずしく甘酸っぱくプルーンはスモモと同じように皮ごと食べることが出来ます。種があるので注意してください。プルーンにはカリウムや鉄分が含まれています。

桃の変種にあたる「ネクタリン」

stevepb / Pixabay

ネクタリンは8~9月頃が旬で、桃の変種とされているので見た目は桃と似ていますが果肉は黄色くうぶ毛がありません。熟すとジューシーで濃厚で甘酸っぱい果肉になり冷やすと美味しく食べれます。ネクタリンには食物繊維が豊富に含まれています。

夏はみずみずしいフルーツを食べて活力を

j_nnesk_sser / Pixabay

夏が旬のフルーツを紹介していきましたがいかがだったでしょうか。

栄養満点でありながら美味しく魅力たっぷりな夏のフルーツ。

暑い夏は是非栄養満点のフルーツを食べて元気に過ごしちゃいましょう。