春が旬のフルーツってこれだけなの!?でもサラダ料理にすると相性抜群

フルーツ
silviarita / Pixabay
スポンサーリンク

Hans / Pixabay

沢山のお花たちが開花する色鮮やかな春、フルーツの旬も迎えると思いきや意外と少ないのはご存知ですか?今回はそんな春が旬のフルーツを紹介していきます。

スポンサーリンク

春が旬のフルーツ

jill111 / Pixabay

新しい生活がスタートしたり色鮮やかなお花が咲き乱れたりと綺麗な景色が見られる春ですが、旬のフルーツはイチゴ・キウイフルーツ・カンキツ類と3種類しか収穫出来ないのです。ですが、サラダと合わせたりすると相性抜群なのでしっかりチェックしてきましょう。

大人から子供まで大人気「イチゴ」

croisy / Pixabay

イチゴは12~5月頃が旬で品種が多いのも特徴的なフルーツで、甘酸っぱく一口食べたら溢れてくる果汁はたまりません。

代表的な品種として

とちおとめ(栃木県) 酸味が少なく甘みが強い

あまおう(福岡県) 糖度が高く酸味とのバランスがいい

ひのしずく(熊本県) 表面にツヤがあり綺麗な見た目をしていてみずみずしくて甘い

紅ほっぺ(静岡県) 糖度の平均が12~13と高く甘みの中に適度な酸味があるのが特徴

さちのか(長崎県) 糖度が高く香りがいい

さがほのか(佐賀県) 中の果肉が白くしっかりしている

やよいひめ(群馬県) 果肉はかためですが強い甘味と適度な酸味が特徴

あすかルビー(奈良県) 果肉がルビーみたいな光沢のある赤色をしています

ゆめほのか(愛知県) 甘みと酸味のバランスが良く果汁もたっぷり

越後姫(新潟県) 甘みが強めで酸味が穏やか、6月頃まで楽しめるのが特徴

さぬき姫(香川県) 果汁が多く甘みと酸味が適度にマッチした味わいが特徴

ももいちご(徳島県) 酸味が少なく糖度が平均12度と甘味が強い品種

とよのか(九州や西日本) 甘みと酸味が程よくマッチしていて香りが高い

女峰(にょほう)(栃木県) ツヤのある淡い赤色の果実で甘酸っぱくジューシーなイチゴ

章姫(あきひめ)(静岡県) 口当たりが柔らかくて十分な甘みを持つ

アイベリー(愛知県) 果実は濃い赤い色をしていて甘みと酸味のバランスがいい

もういっこ(宮城県) 甘みと酸味のバランスが良く食べたらもういっこ食べたくなる事からもういっこと名付けられてます。

初恋の香り(山梨県)イチゴとしては珍しく種が赤く果肉が白いイチゴで、甘みと酸味のバランスがいいイチゴです。

スカイベリー(栃木県) 甘みと酸味のバランスが良く一つのサイズが大きいのが特徴

・͡古都華(ことか)(奈良県) 香りがよく甘みと酸味が強い品種です。

いばらキッス(茨城県) 糖度が高く程よい酸味とジューシーな果汁がたっぷりなイチゴです

きらぴ香(静岡県) 糖度は紅ほっぺと同じくらいで酸味が少なめですが上品な香りが特徴

上記が代表的なイチゴとなります。ちなみにですが上記を含め、日本国内には50種類のイチゴの品種があります。

イチゴにはビタミンCが豊富に含まれています。

イチゴをサラダとして使う場合は?

silviarita / Pixabay

一見甘酸っぱくてサラダと合わなそうなイチゴですが、ほうれん草・レタス・セロリ・新玉ねぎ春の野菜と相性抜群です。チーズにも相性がいいのでイチゴサラダの上にチーズを乗せたりまぶしたりするのもおすすめです。酸味が強いイチゴの場合はちみつをかけたりして酸味を緩和することも出来ちゃいます。

爽やかな甘酸っぱさが人気!「キウイ」

Alexas_Fotos / Pixabay

キウイの旬は4~12月頃(国産)12~4月頃(外国産)となっていて、外国産のキウイは主にニュージーランド産のキウイになります。

キウイにも様々な品種があり

ヘイワード 店頭でよく見かけるキウイで甘みと酸味が程よく種のプチプチした食感が特徴です

ゼスプリゴールド 別名ゴールドキウイとも呼ばれニュージーランドで開発された品種です、酸味が少ないので甘酸っぱいキウイが好きな方におすすめです。

レインボーレッド 黄緑色の果肉と赤色の果肉が特徴的なキウイで、酸味が少なく甘みが強いです。

香緑(こうりょく) 濃いエメラルドグリーン色の果肉で酸味が少なく糖度が15~18度くらいと非常に甘いキウイです。

さぬきゴールド このキウイはサイズが大きく160㎝~180㎝まで成長します、糖度も高く甘くて風味がいいのも特徴的です。

讃緑(さんりょく) 果肉が黄緑色で糖度が17~18度と非常に高いです。店頭ではあまり見かけない品種でもあります。

アップルキウイ このキウイは未熟な時は果肉が緑色で成熟すると黄緑~黄色に変化するキウイで酸味が少なく果汁が多め、甘みも十分にあるキウイです。

ベビーキウイ 長さが2~3㎝と小柄なキウイで皮が薄くそのまま食べることが出来ます。皮には酸味があるのでお好みで。

スウィートグリーン 黄緑色の果肉で甘みが強くジューシーな果肉が特徴です。ニュージーランドで開発されたキウイになります。

サンゴールド 果汁が多くジューシーで酸味が爽やか。糖度も高く酸味が苦手な子供でも食べやすいキウイです。

キウイは一年中出回っているので店頭でよく見かけるフルーツです。キウイにはビタミンCが豊富なので是非食べたいフルーツです。

春じゃなくてこれからの季節となる夏に取れる夏の旬のフルーツが知りたい方はこちらからどうぞ。

夏が旬のフルーツを紹介!みずみずしいだけじゃなく栄養補給にもいいってホント?
春夏秋冬と様々なフルーツがありますが、今回は夏が旬のフルーツを紹介していきます。みずみずしく冷やしたり凍らせて食べたりすると絶品です。様々な種類があるので夏の時期に食べてみてはいかがでしょうか?夏が旬のフルーツ暑い夏に欠かせないの...

キウイをサラダとして使う場合は?

Mikorad / Pixabay

キウイはさっぱりとした味なのでサラダと相性抜群で、トマト・ほうれん草・ニンジン・新玉ねぎ・ブロッコリー・春菊など色々な野菜と組み合わせることが出来るのでおすすめです。オリーブオイルをかけたりペッパー系とも合います。サラダに入れると違う食感が楽しめていつもの食事も楽しくなります。

みずみずしくてジューシーな「カンキツ類」

LoggaWiggler / Pixabay

カンキツ類は冬~初夏が旬の時期で実はかなりの品種があります。中でも「ポンカン」と「清見」から派生したカンキツ類が多いとされています。爽やかでジューシーな果肉が人気です。

カンキツ類の品種を見ていきましょう。

ポンカン インドが原産の柑橘で明治時代に日本に渡りました。ジューシーで香りがよく甘みもあり皮ごと食べることが出来ます。

いよかん みかん類とオレンジ類の交雑種で明治時代に山口県で発見されました。皮はやや厚めですが剥きやすく果肉がジューシーで甘みと酸味のバランスが取れた柑橘です。

清見 温州みかんとトロピタオレンジを掛け合わせて出来た品種で、果汁が多くみかんの甘味とオレンジの香りが楽しめる柑橘です。

デコポン 不知火とも呼ばれ「デコポン」×「清見」の交雑種です。ずんぐりした見た目ですが甘みが強く果肉が入っている袋ごと食べることが出来ます。

せとか 「清見×アンコール」×「マーコット」の交雑種で果肉は柔らかく濃厚な甘みがあり果汁もたっぷり、袋ごと食べられる手軽さから人気の高い柑橘です。

はるみ 「清見」×「ポンカン」の交雑種で柔らかい果肉と平均13度という高い糖度が特徴で、袋ごと食べることが出来ます。

たんかん 中国が原産で「ポンカン」×「オレンジ類」の自然交雑から生まれたと言われています。甘みが強くほのかな酸味とたっぷりな果汁があり風味豊かな柑橘です。少し皮が剥きにくいのが特徴です。

マーコット アメリカで誕生した品種でミカン類とスイートオレンジが組み合わさったものだと言われています。糖度が高く濃厚な甘みと適度な酸味がある柑橘です。

アンコール 「キングマンダリン」×「地中海マンダリン」の交雑種で濃いオレンジ色の果肉は糖度が13~15度と高くコクがあるのが特徴的です。

セミノール 「ダンカングレープフルーツ」×「ダンシータンジェリン」の交雑種で甘みと酸味のバランスが良く果汁もたっぷりな柑橘です。

晩白柚(ばんぺいゆ) 重さが2㎏にもなるブンタンで「オクテシロザボン」とも呼ばれます。果肉が柔らかく果汁も多く爽やかな甘みと程よい酸味があります。

はっさく(八朔) 江戸時代に広島で発見されたブンタンの雑種で、甘みと酸味が適度にあり香りと風味はいいです。中にはほんのり苦みを感じるものもあります。

夏みかん ブンタンの雑種として江戸時代に発見された柑橘で、酸味が強いため生食用としてはほとんど出回っていません。主にゼリーやマーマレードに使用されることが多い柑橘です。

文旦(ブンタン) 「ザボン」や「ボンタン」と呼ばれる柑橘でインド東部から中国南部にかけた地域が原産です。香りがよく甘みと酸味のバランスが取れた上品な味わいが特徴的です。

日向夏(ひゅうがなつ) 「サマーオレンジ」や「小夏みかん」と呼ばれる柑橘で、果汁が多く爽やかな甘酸っぱさが味わえる柑橘です。

甘夏(甘夏みかん) 「夏みかん」の枝変わりで夏みかんに比べると酸味が少なく甘みが津追野が特徴的です。

カラ(カラマンダリン) 「温州みかん」×「キングマンダリン」の交雑種でコクのある甘酸っぱさが特徴的な柑橘です。

天草 「清見×興津早生」×「ページ」の交雑種で皮は濃い橙色をしていて、果肉が柔らかくジューシーでありながら甘みが強い柑橘です。

スイートスプリング 「上田温州」×「ハッサク」の交雑種で果汁が多く酸味が少なめで爽やかな甘みが味わえます。皮は黄色です。

はるか 「日向夏」の自然交雑から生まれたと言われていて、皮は黄色で厚く酸味がやや少なめで爽やかな甘みが味わえます。

南津海(なつみ) 「カラマンダリン」×「ポンカン」の交雑種です。甘みが強くジューシーなのが特徴です。

はれひめ 「清見×オセオラ」×「宮川早生」の交雑種で果汁が多く酸味が少なくて風味がいい甘味を味わうことが出来る柑橘です。

まりひめ 「クレメンダイン」×「柑橘20号」の交雑種で、糖度が高く袋ごと食べることが出来ます。

黄金柑 別名「ゴールデンオレンジ」とも呼ばれ、香りがよく甘みと爽やかな酸味がマッチした柑橘です。

河内晩柑(美生柑) 「宇和ゴールド」とも呼ばれ、果汁が豊富でさっぱりとした甘みが味わえます。

紅まどんな 「南香」×「天草」の交雑種で酸味が少なく甘みがたっぷりな柑橘です。

ひめのつき 「アンコール」×「日向夏」から生まれた品種で酸味が控えめで甘みの強い柑橘です。

甘平(かんぺい) 「西之香」×「ポンカン」の交雑種で強い甘味と優しい酸味があり果肉が柔らかく袋ごと食べることが出来ます。

麗紅(れいこう) 「清見×アンコール」×「マーコット」の交雑種で「せとか」と姉妹品種にあたる柑橘です。甘みが強く程よい酸味があるのが特徴的です。

クレメンタイン 甘酸っぱく香りがいい柑橘です。

カクテルフルーツ 「ポメロ」×「マンダリン」の交雑種でアメリカで開発された品種です。酸味が少なく、ジューシーで程よい甘味があるのが特徴です。

ミネオラ 「ダンカングレープフルーツ」×「ダンシータンジェリン」の交雑種で、果肉はジューシーで香りがよく濃厚な味わいが楽しめる柑橘です。

以上がカンキツ類となりますが、かなりの品種があります。

凍らせてスムージーにしたりするのもおすすめです。カンキツ類にはビタミンCが豊富なのでカンキツ類も食べておきたいフルーツです。

カンキツ類をサラダとして使う場合は?

alexandra358 / Pixabay

カンキツ類が持つ甘酸っぱさを利用して、チキン・トマト・レタス・ニンジン・白菜・水菜・きゅうり・カリフラワーなど様々な野菜と組み合わせることが出来ます。さっぱりとしたドレッシングやチーズなんかも載せても相性抜群です。さっぱりしたサラダを食べたい時はカンキツ類を入れてみるのもいいかもしれませんね。

春のフルーツを食べて日差し対策

Gaddict / Pixabay

イチゴ・キウイ・カンキツ類には豊富なビタミンCが含まれているので、日差しが気になる季節にはもってこいのフルーツです。

サラダやスムージーにして食べたり飲んだりすると美味しく頂けるので是非チャレンジしてみてくださいね。美味しく食べて日差し対策も出来たら嬉しいの一言です。