鬼滅の刃考察!竈門炭治郎の黒刀の秘密に迫る

鬼滅の刃
スポンサーリンク

皆さんご存知だと思いますが、鬼滅の刃では鬼を滅殺するための重要な武器として色変わりの刀が出てきますよね。

ある一定の実力が無いと色が変わらず、と基本流派から派生流派と様々な呼吸法があり自身が使っている呼吸に適していればその呼吸の色に刀の色が変わるという訳ですが、炭治郎だけは漆黒の刀になりましたね。

今回は僕の考察なのですが、ある考察が浮かんだので炭治郎の黒刀の秘密に迫っていこうと思います!

スポンサーリンク

炭治郎の呼吸法をおさらい

まず炭治郎が使用する呼吸法は水の呼吸ヒノカミ神楽(正式には呼吸法か分からないけど呼吸法とほとんど同じ)ですね。

水の呼吸は鱗滝さんから叩き込まれましたが、ヒノカミ神楽は父・炭十郎から受け継いだ呼吸法です。

炭治郎自身も水の呼吸よりもヒノカミ神楽の方が身体に適応していると語っています。

まずここで注目したいのが、ヒノカミ神楽に適しているという事です。

炭治郎の家族は炭を生業とした炭焼き業でしたね?

そして日輪の耳飾りはヒノカミ神楽と一緒に受け継いでいくものとして描かれています。

さらに始まりの剣士もまた日の呼吸を使用していて刀の色は黒です。

ここで僕の考察が入りますが、最も適している呼吸に反応して色が変わるなら炭治郎の黒い色というのはを表現しているのではないかなと。

水の呼吸なら青系統の色になり炭の場合黒系統の色に変わりますもんね。

半天狗戦でヒントが出ていた?

半天狗戦の覚醒した炭治郎は時任君と共に半天狗を切って分裂して出てきた積鬼・可楽・空喜の鬼を同時に相手するという離れ業を成し遂げましたが(時任君は空喜の風圧に飛ばされ、飛ばされた先で上弦の伍と対立)ここで注目してほしい部分があります。

炭治郎の前世の記憶が流れるシーンがあるのですがここで女の子が語る言葉にまず引っかかります

「お侍さまの刀は戦う時だけ赤くなるのねぇ」

「どうしてなの?不思議ねぇ」

「普段は黒曜石のような漆黒なのね」

「とっても綺麗ですねぇ」

炭治郎の記憶ですが、これは耳飾りの記憶なのではないかなと思います。

耳飾りはヒノカミ神楽と共に代々受け継がれていくわけなので、着用者の魂がこもっていると想像できます。つまり記憶に出てきたお侍さまは炭治郎のご先祖様にあたるわけですね。

そして禰豆子の血により炭治郎の刀が赫色に変化しました。

そして赫色になった刀を見た積鬼・可楽・空喜は

「燃える刀 赫刀 無惨様の記憶 無惨様を追い詰め首を切りかけた剣士の刀」

「姿が重なる」

かなり重要な事を言ったとおもいますが上でお話した僕の考察で黒色は炭を表している部分に繋がるわけです、炭って加熱しなければ黒色ですよね、ですが加熱し続けるとこうなりますよね

ようはヒノカミ神楽を使えば使う程刀身が燃えるように熱くなり赫色に染まっているのではないかなと思います。

炭治郎の場合は禰豆子の爆血が影響して赤くなりましたが、始まりの剣士や記憶に出てきたお侍さまというのはヒノカミ神楽をバンバン使っているので戦う時にヒノカミ神楽の熱で刀が赤くなるという訳です。

という事は?

黒色の刀というのは炭を表現しているので使用者が少なく前例が見当たらないのも炭業に最も関係していてさらに日の呼吸の使い手じゃないと見られない始まりの色なのではないかなと!

条件がかなり狭いので例を見ないのもわかりますね。

漆黒ではないですが、黒い刀になったので炭治郎はヒノカミ神楽に適応している唯一の剣士という事がわかりましたね。

炭治郎の5代目の刀の色と痣の簡単な考察

半天狗戦に時任君から渡された刀ですが漆黒の色をしていて根元に滅のみの文字が入っていますね。

呼吸に適していればいる程より深い色になっていくので、この刀の持ち主は相当日の呼吸に適している者と思われます。

さらに痣の位置・形が過去の日の呼吸の剣士と同じなのでこれは日の呼吸が使える者だけの形なんじゃないかなと僕は思いました。

まとめ

ぼくの想像なのですがいかがだったでしょうか。

でも間違いなく炭治郎は日の呼吸の剣士であると思います。炭治郎には無惨様倒してほしいですね!!

そして最新話もかなり激闘してますね!

アニメもリアルタイムでみてますが、柱会議が鳥肌ものでやばい

というかどの柱にどんな声優さんが声を入れるんだろうって考えただけでワクワクが止まらないアニメって初めてかもw

まぁ、皆さんそれぞれの楽しみ方があるのでこれがこれでこだ!というのは無いと思いますが、ぼくなりの考えで楽しんでいただければなと思って書きました。

最後まで閲覧ありがとう!